El Sistema

エル・システマEl Sistema )は、ベネズエラで行われている公的融資による音楽教育プログラムの有志組織であり、1975年に経済学者で音楽家のホセ・アントニオ・アブレウ博士によって「音楽の社会運動」の名の下で設立された。長年にわたり「ベネズエラの児童及び青少年オーケストラの国民的システムのための国家財団(Fundación del Estado para el Sistema Nacional de las Orquestas Juveniles e Infantiles de Venezuela)」でありFESNOJIVの略称で知られる。また英語の「ベネズエラの児童オーケストラ・ネットワーク(”National Network of Youth and Children’s Orchestras of Venezuela“)」としても知られる。最近では「シモン・ボリーバル音楽基金(Fundación Musical Simón Bolívar (FMSB))」に改称された[1] 。 音楽教育としての方法論は、1979年に招聘された日本人ヴァイオリニスト小林武史が、師である鈴木鎮一の確立したスズキ・メソードに基づいて教育活動を行ったことから、スズキ・メソードが基となっている[2]。 エル・システマはベネズエラの125のユース・オーケストラと、それらに演奏技術を身につけされる器楽練習プログラムを担う国家基金である。この組織は31のオーケストラを有し、31万から37万の子どもたちを国中の音楽学校に通わせている。学生の70から90%は貧困層の出身である。